みやざき郷土料理アレンジレシピコンテスト

みやざき郷土料理アレンジレシピコンテスト

国文祭・芸文祭とは!

「国文祭・芸文祭みやざき2020」は、「山の幸海の幸いざ神話の源流へ」をキャッチフレーズに、本県で初めて開催されます。
会期中は、本県における長い文化的な営みの中で育んできた4つの文化「記紀・神話・神楽」「国際音楽祭」「若山牧水」「宮崎の食文化」 それぞれに焦点を当てた「フォーカスプログラム」や、障がいのある人もない人も障がいの有無を超えて心を打つ作品や芸術活動との出会いを楽しむことができる「共に生きて共に感じる芸術文化プログラム」、全26 市町村でそれぞれの地域の特色を生かした分野別フェスティバルなど、約140 の多彩なプログラムを実施します。

イベント概要

イベントを通して、宮崎の郷土料理、県産食材に触れ、宮崎の食の魅力を知ってもらうことを目的としています。

開催日時

9月25日(土)11:00開始(10:30受付)

会場

九州電力 宮崎支社1階SUNQテラス

募集人数

先着18名(高校生以上)

※申し込み状況により、募集人数が変わる場合がございます。
※新型コロナウイルスの感染状況により、中止になる場合がございますので、予めご了承ください。

参加費

無料

募集期間

9月17日(金)まで

作成料理(レシピ)

Coming soon・・・

佐土原なすの冷や汁
佐土原なすの冷や汁
豚味噌の南蛮
豚味噌の南蛮

講師紹介

講師経歴

兵庫県出身。大学卒業後、京都市内電機メーカーに勤めながら、調理師、京都製菓技術専門学校にて学び製菓衛生師、野菜ソムリエ・ベジフルビューティーアドバイザー取得。
「野菜と果物で元気」を基本に料理・菓子・ドライフルーツの商品開発、製造、販売。
宮崎と台湾にて旬の野菜果実をたのしむWORKSHOP等を開催。
2015年より台湾にて、年4回開催のイベント「FARM TO TABLE KAOHSIUNG」節氣食旅 料理講師として、今年で6年目を迎えている。

    お名前 ※必須

    フリガナ

    メールアドレス ※必須

    メールアドレス(確認) ※必須

    電話番号 ※必須

    ※日中ご連絡が可能なお電話番号を入力してください。

    郵便番号 ※必須

    都道府県 ※必須

    ご住所 ※必須

    ※新型コロナウイルス対策のため、記入をお願いいたします。

    参加人数 ※必須

    ※1組4名まで

    参加者氏名

    株式会社コンフォートダイナー / 株式会社まんりょう
    日商舒適餐廳股份有限公司台灣分公司
    取締役 副社長 竹井 倫世 (調理師) 
    みやざきブランドアンバサダー / 宮崎県食育ティーチャー
    フードアナリスト®/ フードビジネスコーディネーター(JFCS認定)
    宮崎大学 ライフプラン作成のためのキャリアデザイン講座客員講師

    【プロフィール】
    東京都三鷹市出身、結婚を機に宮崎県へ移住、18年となる。
    宮崎料理をコンセプトとした飲食店・居酒屋を宮崎県内、台湾台北市にて9店舗運営。
    社内では、企画・広報・財務・人事の責任者であり、メニュー構成や食材の発信に務めている。
    また、宮崎県より、宮崎県産ブランド食材のPRを行う≪みやざきブランドアンバサダー≫を委嘱、
    県産食材のPRイベントなどを企画・運営している。
    宮崎県の食育ティーチャーでもあり、毎年県内中の小学校をまわり、五感と五味を理解し
    自身の言葉で食の表現が出来る様、食育活動にも力を入れている。現在この活動は、開催校数
    が宮崎県は日本一である。他国文祭では食関係イベントのパネリストも務める。

    株式会社コンフォートダイナー / 株式会社まんりょう
    日商舒適餐廳股份有限公司台灣分公司
    取締役 副社長 竹井 倫世 (調理師) 
    みやざきブランドアンバサダー / 宮崎県食育ティーチャー
    フードアナリスト®/ フードビジネスコーディネーター(JFCS認定)
    宮崎大学 ライフプラン作成のためのキャリアデザイン講座客員講師

    【プロフィール】
    東京都三鷹市出身、結婚を機に宮崎県へ移住、18年となる。
    宮崎料理をコンセプトとした飲食店・居酒屋を宮崎県内、台湾台北市にて9店舗運営。
    社内では、企画・広報・財務・人事の責任者であり、メニュー構成や食材の発信に務めている。
    また、宮崎県より、宮崎県産ブランド食材のPRを行う≪みやざきブランドアンバサダー≫を委嘱、
    県産食材のPRイベントなどを企画・運営している。
    宮崎県の食育ティーチャーでもあり、毎年県内中の小学校をまわり、五感と五味を理解し
    自身の言葉で食の表現が出来る様、食育活動にも力を入れている。現在この活動は、開催校数
    が宮崎県は日本一である。他国文祭では食関係イベントのパネリストも務める。